TOP >  サービス  >  決算のみサポート

法人税申告・決算のみサポート

毎月の顧問契約は必要なく、決算だけを会計事務所に依頼したいとお考えの方へ

事業活動をしている限り、年に一度、必ず作成しなくてはならないのが決算書と申告書です。
毎月の会計処理は自社で会計ソフトを使って処理できるという方でも、決算や申告は税務的な知識や判断を必要とするため、税理士に依頼しなければ適正に作成することは難しいのが現実です。
決算書や申告書に不備が多い場合は、後々税務署から修正申告の指摘を受けたり、銀行借入時に決算書の再提出を要求されたりすることがあります。

  • 事業規模がそれほど大きくなく、顧問税理士との契約は必要ないとお考えの方
  • 決算時に、節税対策も併せて税理士に相談したいとお考えの方
  • 記帳内容に不安がある、適正な税務手続きを身につけたいとお考えの方
  • 申告期限が迫っている場合 など

どうぞお気軽に、税理士法人協栄会計にご相談ください。
親身な対応と、明確な報酬・費用でお役に立ちます。

記帳代行なし 年 10万円~ / 記帳代行あり 年 15万円~

設立2期目までの新設法人はさらにお得な料金を設定しております。こちらをご覧ください。
お急ぎの場合、書類の数・種類が多い場合等別途料金が発生する場合もございます。

なお、弊社では、コンピュータの会計ソフトを使った記帳をおすすめしております。
すでに導入済みのお客様には、1年間の会計データのチェック、修正を行い、決算書と申告書を作成します。
まだ会計ソフトを導入されていないお客様は、1年間の請求書や領収証、通帳や帳簿等から会計ソフトで記帳の上総勘定元帳を作成し、決算書と申告書を作成します。
また、オプションサービスとして、年末調整、源泉所得税納付書、給与支払報告書・法定調書合計表・償却資産税申告書などの作成・提出も承ります(¥20,000~)。

ご依頼いただくお客様には、以下に記載する書類の用意をお願いしております。

◆定款
◆登記簿謄本
◆税務署届出書類

◆過去の決算書・申告書
◆過去の総勘定元帳その他の帳簿書類
◆通帳

◆借入金の返済予定表
◆クレジットやリースの契約書
◆税務署から届いている申告書一式
◆領収書、請求書、契約書など、入金に関係する書類
◆領収書、請求書、契約書など、出金に関係する書類

◆その他参考書類

必ず必要な書類
可能な限りいただきたい書類
必要に応じていただく書類

決算の流れ

ご相談はお気軽にどうぞ。 TEl:011-531-8512
ページの先頭に戻る